株式会社tyottoのロゴ

人を成長させる「素直さ」の育て方

相手のためを思って伝えたアドバイスが聞き入れてもらえない、という経験はありませんか?

塾を運営している経営者の方や、エリアマネージャーの方は現場の教室長に対して、

塾の教室長は教室の講師や生徒に対して、

「相手のためを思って伝えたアドバイスが聞き入れてもらえない」

と感じたことはありませんか。

今回は、「素直さ」と「成長」の関係について私たちの捉え方をお伝えします。

プロフィール:株式会社tyotto 代表取締役社長 新井光樹(24)

2016年秋に自社ブランドの個別指導塾Withdom(ウィズダム)を立ち上げ、塾・予備校の激戦区武蔵小杉にて開校から一年で生徒数70名超の教室に成長させた。

Withdomでは自身は塾長という立場で運営に関わっており、実際に教室を取り仕切るのは教室長に完全に任せている。

現在は中高生に対して予測不可能な今後の社会で自分らしく生きていくために必要な力を育む独自のキャリア教育プログラム「ProgressTime(プログレスタイム)」および、学びのきっかけを与え、成果を蓄積していくための独自のeポートフォリオアプリ「tyotto me(チョット ミー)」を全国に広めるため、塾関係者への講演等にも力を入れている。

自分の軸を持て!とは言うものの

日頃から、指示待ち人間ではダメだ、という意識のもと日々仕事に向き合っています。

自ら主体性を持って考え、成長していくことを期待するものの、ちょっとしたアドバイスをする度に

「自分はこのやり方でやってきて、うまくいっているので大丈夫です」

と言われてしまっては、何かモヤモヤした気分が残ります。

自分の軸を持つこととは、こういうことなのでしょうか…

組織なのだから、上の言うことは絶対なのでは?

さて、シンプルに考えれば、一人ではできないことを複数人で力を合わせて実現するためのものが「組織」です。

組織を作る時点で、そこに集まるメンバーは進むべき方向(=理念・ビジョン)はある程度共通の認識となっているはずです。

しかし、組織を構成する要素は、一人ひとりの「人」です。

今までの人生の中で様々な経験をする中で、誰一人として完全に同じ価値観を持った人はいません。

組織を作る段階での理念やビジョンは、ある程度共通かもしれませんが、「完全に一致している」という状態はまずありません。

目指すべき方向をより深く追求し、それに賛同する者が現れた人こそ、組織のリーダーとなり、組織の目指すべき方向を決めていく役割となるのです。

 

つまり、組織にはリーダーが必要ということです。

そして、リーダーが存在するということは上下関係が存在するということです。

 

組織として判断が求められたとき、一番深く組織の理念・ビジョンを持っている人が決定権を持ち、責任を持つという構造が「組織」です。

 

さて、組織というものをこのように定義したとき、先に挙げた

「相手のためを思って伝えたアドバイスが聞き入れてもらえない」

という疑問はそもそもあって良いものでしょうか?

 

答えは「No」です。

採用試験を突破して企業に入った社員も、募集を見て応募した講師も、この組織の一員となっているわけなので、上からの指示に従わないということはあってはいけません。

「条件を提示し、組織のメンバーを募集する」

「提示された条件を見て、参加するかを決める」

これらが組織の前提となる活動であり、参加後にそれが満たされていないと感じたら、

「組織の一員に対して、解雇を言い渡す」

「組織の一員から脱退すべく、退職する」

という選択肢がとられます。

理論はシンプルだが、現実はシンプルではない

組織の構造はいたってシンプルですが、現実はシンプルではありません。

組織の方向性を決める局面は無数にあり、組織がその場面でどのような意思決定をするのかを明確にした上でメンバーを集めることは不可能です。

同じように、組織への参加を考えている人が、自分がどのような意思決定を重視するかをあらゆる場面で想定して面接に臨むことも不可能です。

だからこそ、ある程度同じ志を持ったメンバーと組織を作り、その中でお互いの強みを生かして高め合っていく必要があります。

 

お互いの強みを生かして高め合っていける組織には、リーダーを含むメンバー全員の「素直さ」が必要だと思っています。

人に流されず、自分の頭で考えて行動するという「自分軸」を持ちつつ、より高みを目指して成長していける「素直さ」を兼ね備えた人物こそ、優れた組織で必要とされる人材であり、組織で育てていくべき人材です。

「素直さ」を育てることはできるか

「素直さ」を育てるとは言いつつも、それは「言われたことを全て受け入れる状態を作ること」ではありません。

先に述べた通り、「自分軸」を持った上での素直さを育てる必要があります。

 

さて、素直さを育てるにはどうしたらいいのでしょうか。

当然かもしれませんが、突然

「君は素直じゃない。なぜ人の話を素直に聞けないんだ。」

と面と向かって言われても、素直になれるはずなんてありません。

むしろ、自分なりに考えた結果、実践している方法が最適だと感じていたなら、それを全て否定された気持ちになってしまうことだってあるかもしれません。

 

教育に携わるものとして、正論を振りかざすだけの伝え方しか引き出しがないのは恥ずべきことだと考えています。

教育に熱い塾業界の方々はみな、それまでの長い経験と深い理念から練られた素晴らしい問いかけをもって、現場の講師や生徒に想いを伝えておられます。

 

講師に生徒への指導でアドバイスがあるときは、まず講師に対して、どのような方針で指導に当たっているかを聞く。

アドバイスを与えたい項目については、話題にしたい点について相手が課題意識を持っているかを聞く。

 

このような対話を通して、お互いに考えを交換する中で、「自分軸を持った素直さ」が育まれるのではないでしょうか。

「素直さ」を育む場づくり

私たちが運営する個別指導塾ウィズダムでは、アクティブラーニング型の授業「プログレスタイム」が月に1度あり、生徒同士の対話を中心として行なっています。

そこでのルールの一つに、

「お互いの意見を否定しない」

というものがあります。

 

他人の意見を聞いて、直感的に「でも!」と言いたくなることがあったとしても、グッとこらえて受け止めるということを体験してもらっています。

あえて形から入ることで、

「感情的にならずに一度聞いてみることって大切だな」

と実感することができたとの声も生徒から実際にいただいています。

 

ウィズダムのプログレスタイムには、個別指導を担当している講師や、外部から見学に来てくださった方、株式会社tyottoの社員も参加することが多いです。

ルールとして他者の意見を受け入れる対話の形を作っているので、年代やバックグラウンドがバラバラの参加者たちが、お互いの話にしっかりと耳を傾け、対話することができています。

 

もともと生徒のために提供しようと考えていたプログレスタイムで、私たち大人もかなり成長することができています。

このような、素直さを育む場を意図的に作り出すことも、組織のメンバー一人ひとりの成長を促すことに役立つのではないでしょうか。

常に自分自身の行動を振り返る習慣がついた

プログレスタイムを通して、人の話にしっかりと耳を傾けつつ、自分の意見をしっかりと持つことの大切さを再認識しました。

組織の一員として働く中で、他のメンバーから意見をもらう機会は多々あります。

そのような場面で、果たして自分は「素直さ」を持てているのだろうか?と自問自答する習慣がつきました。

ルールや役割に縛られた「組織」ではなく、一人ひとりが成長し、高め合っていける「チーム」を目指していきたいですね。

 

本文中でご紹介したプログレスタイムについて、お問い合わせやご意見もたくさんいただいています。

今後の社会に必要な学びを、同じ志を持つ方と一緒に作っていきたいと考えております。

ご興味のある方は問い合わせフォーム、もしくは代表・新井までご連絡いただければと思います。

メールアドレス:k.arai@tyotto.co.jp

Facebook:https://www.facebook.com/i.am.araiguma

 

伊藤 哲志
伊藤 哲志
tyotto Inc. リードエンジニア / 1994 / 幼い頃からロボティクス・コンピューターサイエンスに触れたことでテクノロジーに深く興味を持つようになりました。AO入試で東京工業大学の情報工学科に入学してからは、学業と並行してIT企業でのインターンや教育工学研究室での研究を行い、教育×ITをテーマに活動を続けてきました。考えを文章で発信したり、組織づくりを行ったりすることも好きで、日常的に社内・社外に発信しています。