株式会社tyottoのロゴ

tyotto塾でProgressTime実施!人生100年時代をワクワク過ごすために必要なことは?

7/25にtyotto塾でProgressTimeを実施しました!

移転してから初の実施ということもあり、30名弱の参加となりました。

人生100年時代、あなたはどう過ごす?

今回のテーマは、「人生100年時代、あなたはどう過ごす?」

“人生100年時代”は、以前にも扱ったことのあるテーマですが、今回からは全体を2部構成とし、内容も流れも大幅にアップデートして実施しました。

何歳まで生きたい?

アイスブレークとして、まずは「何歳まで生きたいか」をシェアしてもらいました。

人生や将来に対してネガティブな印象が強いのか、40歳や60歳など全体的に低年齢の意見が目立ちました。

中には100000000歳という意見も…!(笑)

ポジティブ?ネガティブ?

アイスブレークの後は、人生100年時代とは、どのような影響があるのか、それらを中心にインプットをしてもらいました。

さらに、人生100年時代の背景や影響について知ったうえで「人生100年時代をポジティブに感じるか、ネガティブに感じるか」を考え、グループで共有してもらったのですが…

ネガティブに感じている人がほとんどでした…!(みなさんはどう感じますか?)

ネガティブに感じる人の意見としては以下が挙げられ、

  • 自分の体が自由にうごくうちに死にたい
  • 老後、周りの人に迷惑をかけたくない
  • やりたいことや趣味がないから、100年は長く感じてしまう

反して、ポジティブに感じる人の意見としては、

  • たくさんのことに挑戦できる
  • 死にたくない!
  • 何回でもやり直せそう

などが挙げられました。

人生100年時代をワクワク生きるために必要なことは?

いよいよ本題へ。

「人生100年時代をワクワク生きるために必要なことは?」

この問いについてグループで話し合ってもらい、全体に発表してもらいました。

「新たな情報を取り入れて未来へのビジョンを描いていくこと!」

最後に、参加した生徒のリフレクションの一部をご紹介します。

ProgressTime、さらにパワーアップします!

今回のProgressTimeはこれで終わりではありません。あくまで第1部であり、第2部に続きます。

第2部では、第一部での思考や気づきを踏まえ「人生100年時代をワクワク生きる人を育てるための授業とは?」について、各グループで授業案を考えてもらいます。

もしかしたら、その授業案をどこかの学校やイベントで実施するかも…?!

ProgressTime自体もこれからさらに改善を重ねていきます。

内容や構成はもちろん、ProgressTimeに参加することでどのように生徒の能力やマインドが変化していくのか、それらを見える化したりとProgressTimeの教育的な価値をより明確にしていく仕組みづくりも同時に進めております。

tyotto塾Unionコミュニティでは、それらの具体的な内容を発信しておりますので、ProgressTimeの具体的なプログラムや今後が気になる方は下記よりtyotto塾Unionの詳細をご覧ください!

tyotto塾Unionとは

tyottoへのお問い合わせはこちら

小形雄大
小形雄大
塾講師アルバイトの経験を通して教育の重要性と可能性を感じ、大学を休学して学習塾Withdomを立ち上げる。"謙虚" と "愚直" をモットーに日々生徒対応や講師の育成に携わる。