【社員インタビュー】ビジョンに向かって毎日成長し続ける / 小形雄大 

【社員インタビュー】ビジョンに向かって毎日成長し続ける / 小形雄大 

インタビュー記事、始めました!

こんにちは!株式会社tyottoの岩井です!

今回から、tyottoで働く方たちのインタビューを記事にすることになりました!

その記念すべき第1弾として、tyotto起業当初から携わる小形雄大さんにインタビューをしました!

インタビュー記事を通して、tyottoの理念や社員の思いを知っていただけると嬉しいです!

気づいたらここにいた

明治大学に入学後、大学の授業と興味のズレなどから大学生活の物足りなさを感じて、毎日アルバイトの日々。そこにtyottoの話を持ちかけてくれたのが社長の新井さんでした。当時は、教育に興味はなかったものの「とりあえず何かしたい」という気持ちからtyottoに携わりました。しかしその後、ある経験から教育で世界を良くしたいと思うようになりました。

当時アルバイトをしていた塾の生徒で、何を言っても全く宿題をしてこなかった生徒がいました。その時ふと自分の親が金銭的理由で大学に行けなかったことを思い出し「なんで学びたい人が学べず、学びたくない人が学んでいるんだろう?」と感じました。
この経験からtyottoの考えである「教育で世界をちょっと良くする」に共感したんです。理念への共感、tyottoが理念を大事にしている、この2つのことがあったからこそずっとここで頑張り続けてこれたと思います。もし、売り上げしか見ていない会社だったら普通に就活して他の企業に勤めていると思います。

そして現在、私は塾事業全体の責任者として、tyotto塾とtyotto塾Union(学習塾運営者たちのコミュニティ)の運営をまとめています。
どちらの運営も、良くも悪くも自分の働き方やコミュニケーションで全てが変わります。
自分が主体となってTRY & ERRORをできることはやりがいです。

ブレることのないビジョンを持ち続ける

tyottoは理念やビジョンを大事にしています。
どんな仕事をするときでも「なんのためにやっているのか」を考えるように意識しています。理念やビジョンには何かしらの価値があり、価値があれば自然と売り上げも伸びるはずです。会社の成長にも繋がるし、自分自身や社員自身のモチベーションにも繋がります。
理念ビジョンからブレずに深く考えて行くことが大事だと思っています。

tyottoでは「大学受験」に加えて「キャリア教育」という開拓的な事業を行なっています。現状では、周りからは驚かれるようなこともやっています。
しかし、それは悪いことではなく、むしろtyottoが先駆者となることで他の企業も新しい行動をとるようになり、結果的に教育全体をよくしていると考えています。
これからもtyottoが先導となり、業界全体の可能性を開拓し魅力を増やしていきたいです。

「性善説でいよう」

私は将来的に、自分自身が牽引する力のある事業家になりたいという大きなビジョンを持っています。そのために2つ取り組んでいることがあります。

1つ目は、事業を拡大して5年以内にtyottoを上場させることです。

2つ目は、tyottoのValuesを体現できる人間になることです。ビジネス的な能力だけではなく、ビジョンを実現できる人間にもならないと事業を大きくすることはできないと思っています。

特にtyottoのValuesの中でも、「性善説でいよう」は私のモットーでもあります。性善説をValuesの1つとしている企業は珍しく感じます。人の可能性を信じて、人を大切にする性善説はとても大事だと思います。tyotto塾でも、生徒には性善説になってもらいたいので、自分が性善説であることを意識しています。身近なところでは、携帯電話のロック画面をValuesを書いたものにして毎日の意識を高めています。

最後に…

小形さんの仕事の姿勢やこれからのビジョンを聞き、理念とぴったりマッチしている生き方をしていると感じました!まさにtyottoを代表する方だと思います。

また、私たちも小形さんとともにtyottoを大きくしていきます!

ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます!

次回は、主にtyottoのアプリ開発をされている伊藤さんにインタビューをしていきたいと思います!ぜひ次回もチェックをお願いします!

インタビューカテゴリの最新記事