株式会社tyottoのロゴ

「塾業界をより良くしたい」個別進学塾ipsim山本塾長が塾業界をアップデートする #2

こんにちは!tyottoの新井光樹(あらいこうき)です。

今回は塾人インタビューということで前回のWithdom小形雄大さんに続き、個別進学塾ipsim(イプシム)の塾長、山本玄さんにお話を伺いました。

開校から7ヶ月で生徒数70名!定員制限のため現在はこれ以上の受け入れはしないということですが、なぜ無名の個人塾でこれだけの実績を残せたのか気になり今回お話を伺うことになりました。

 

経歴

大学在学中に小さな学習塾を始める。

大学卒業後、集団指導塾で4年間勤め、その後4年間大手個別指導塾の直営校で教室長を経験する。

大手個別指導塾を退職した3ヶ月後の201711月に個別進学塾ipsimを兵庫県の山下で開校。

 

開校後7ヶ月で定員オーバー!集客の秘訣を大公開

ーーー 7ヶ月で生徒70名は驚異のスピードですよね。どのような推移で生徒数は伸びていきましたか?

 

11月に開校しましたが月末の時点で36名になりました。借りていた教室が狭かったこともあり、開校1ヶ月後にはすぐに定員に達してしまいましたね。

そこからは生徒を増やさず運営していましたが、隣のテナントを3月に借りられたのでそこからまた1ヶ月間で30名以上増えていきました。

 

ーーー 開校して1ヶ月で36名ってマジやばくないですか。なんすかそれ。どうやったんすか。絶対裏技あるでしょ。(驚きのあまり新井が突然フランクになる)

 

8月に前職を退職して、11月の開校までに仕込みをしてました。仕込みといっても特別なことは何もしておらず、折込チラシやポスティングをして認知を広めていきました。ポスティングは1週間ひとりでやって8000部配りました。

入会面談の練習もしましたね。前職でももちろん経験はありましたが、やはり塾が変わるとなると面談の構成から組み立て直さないといけませんから。入会面談練習のかいもあって最初の36名は全員入会しましたね。

本当に特別なことはしていませんが、強いて言うなら開校前説明会ですかね。説明会をやったおかげで、11月の時点では20名集めることができました。

 

ーーー 当たり前のことをとことんやったんですね。僕もよく言われますが、集客に裏技はありませんもんね。疑ってすみません。

 

そうですね。僕は前職で4年間教室長をやっていましたが、集客の部分はすごく非効率に感じていまして。集客のためにチラシ配りしながら、問い合わせが来たら面談をする流れになると。でもそれが非効率に感じたので、集客と面談をするタイミングをずらそうと。そうすれば集客だけに時間を裂けますしその後面談だけに時間を裂けてとても効率が良くなるので。

 

ーーー ところで、実は山本さんの前職時代を知っている方から山本さんの話を伺っていたんですが、その時もすごかったと。

 

一応、集客という点で言えば、その塾の関西エリアで直営校トップの生徒数にすることができました。約150名くらいですけど、トップを達成して辞めようと決めていたので。

 

ーーー うわー、すげー。まじか。そんなに生徒数も集めていたのになんで独立したんですか?

 

そこの塾のビジネスモデルが崩壊していましたし、労働環境もあまり良くなかったので(笑)

理念で「自立した人を育てる」と言ってるのに行動が全く違う。13で個別指導することが最も自立させやすくするって意味わからなくないですか?

その塾は自立するための塾ではなくて、そもそも自立してる子に合った塾だったんですよ。

 

ーーー なるほど!でもそこでぐちぐち言うのではなく、「だったら自分でやっちゃおう!」という行動力がすごい。

 

中学時代から憧れだった塾業界

ーーー そもそもなんで塾業界に入られたんですか?

 

漠然と中学の頃から塾をやりたいと思っていました。

学校の授業は非効率で面白くなくて行かない日もあったりしたんですが、通っていた塾は楽しかったんです。週1回の授業でわかりやすく教えてくれて、あとは自分でスラスラできますし結果も出るので。中学時代は学年2位の成績を取るところまでいけました。教えることも好きだったので受験前の12月からは友達に勉強を教えていましたね。

 

ーーー 塾業界に足を踏み入れてからはどうでしたか?

 

大学在学時の就活のときに、もちろん塾業界を志望していたんですが、世間での塾業界の評価を見たときに衝撃を受けました。

2ちゃんねるでもブラック企業ランキングみたいなのがあったんですけど、塾業界だけ「塾業界」って載ってたんです。企業ランキングの中で業界全体がブラックだと。

それでも塾を志望して入社しましたが、確かにブラックでした。朝方までプリント作成に追われたり、家に帰らず車で仮眠している同僚もいましたね。

 

ーーー 塾あるあるですね(笑)それで業界を去った人を何人も知っています。それでも山本さんは辞めなかったんですね。

 

変えたいと思いました。自分が憧れていた業界がここまで腐っているのか。少なくとも世間から見た業界や僕自身が働いていた職場はそうだった。だから変えなきゃって。

 

仕事は人生のオプションの1つでしかない

ーーー 人は働くために生まれてきたわけではないですもんね。

仕事は人生のオプションじゃないですか。それなのに仕事に人生を奪われている人がこの業界には多い。だから変えないと。だからうちの会社でその腐ったビジネスモデル・労働環境をまずは変えてやろうと。

週休2日にして、16時間勤務。女性でも働きやすいように営業や集客は一切やらせません。副業もオッケーです。例えば、6時間は教室長として目の前の生徒を見ますが、それ以外の時間でチラシを作るんだったらそれを会社が買います、と。そしたらみんな生徒対応だけに集中できて、それ以外のことをしたい人はやれば副業としてお金がもらえる。そんな教室にしています。

 

ーーー そんな発想の塾長、初めて出会いました。まさにこれからの新しい働き方のようですね。その他に塾運営をしていてポリシーなんかはあったりしますか。

 

集客に時間を割くのは無駄だと思っています。チラシを作成するとか、ブログを書くとか。だって、生徒が集まっている状態であれば、その子たちのために動くことが最も重要で、かつ集客効果があると思いますから。

ブログを書く時間があるなら目の前の生徒のことを考えて行動する。集客のためにやっているわけではありませんし、お金稼ぎがしたくて塾をやっているわけではないので。目の前の生徒のために努力していれば結果として生徒数はついてきますから。

 

ーーー 間違いないですね。僕も集客コンサルなんかをするときは必ず、「中身が最も重要です。広報なんてものは本当に良いものをどう見せるかっていうだけですから」と伝えています。仮に集客を頑張って生徒が集まっても良い塾でなければすぐに辞めますからね。

 

定期テスト直前の詰め込み講習は応急処置でしかない

ーーー 生徒対応は何を心がけてやっていますか?

 

生徒に対しては成績が上がる経験を通して少しでも自信をつけてくれたらいいなと思っています。ゆくゆくは本当に自立できる指導をして、そのスキルが社会に出たときに役立てばいいなと。

詰め込み教育を受けて高校に進学したのちに崩れる子をたくさん見てきました。そんな応急処置的なものは中長期でみれば全く意味のないものになります。意味のないものどころか害でもあると。だから本当に自立して、自ら学ぶ子になってほしいなと。成績も上がっていますよ。この期間で偏差値が20上がる子もいます。

 

一人でも多くの人が憧れる業界にする

ーーー 最後に、山本さんの今後のビジョンを教えてください。

 

ただただ塾業界をより良くしたいですね。自分の塾がどうとかっていうのもそうですけど、何より塾業界を良くしたいです。まだ「ブラック」などのイメージが払拭し切れていませんが、まずは自塾を魅力的な塾にして、働いてる人が楽しくなる環境にしたいです。

もし大手塾で働かれていて、仕事するのが辛いとか、何かくすぶっている方がいたらぜひうちに来てください。

週休2日で16時間の勤務。そして集客や営業は一切やる必要はありません。自分の人生を大事にしてもらいつつ、目の前の生徒のことを真剣に全力で考えて行動していただければそれで問題ありませんので。

(ご興味ある方はお気軽に山本玄さんのFacebookまでご連絡ください)

 

新井光樹の取材後記

山本塾長のインタビューいかがでしたでしょうか。

目の前にいる生徒のことをただただ考える。一見シンプルで簡単なことのように思いますが、いざやろうとすると難しい。それでも山本塾長はその軸をぶらさずに塾運営をしている印象を持ちました。

会社である以上、お金を稼ぐことが悪だとは思いません。むしろ良いことだと思います。ただ、あくまでお金を稼ぐというのは本当の価値を提供することで受け取ることのできる結果でしかありません。そして働いている人が楽しくなければ業界全体が衰退していくことでしょう。

もし、「塾で働いて生徒のことを考えるのはとても好き。でも労働環境が悪く疲弊している。」という方がいらっしゃれば一度山本塾長に話を聞きにいってみてください。僕自身も改めて、目の前の生徒のことを考えることの重要性を実感しました。

ありがとうございました!

新井 光樹
新井 光樹
“当たり前を当たり前以上に” 14歳で転売ビジネスを行い1ヶ月で10万円の利益を得る。21歳のときtyotto Inc.を創業。教育で世界をちょっと良くします。