株式会社tyottoのロゴ

【Web集客初級編】独自ブランドの塾を開校して1年で70名生徒を集める方法 #1

 

開校後1年で70名

 

 

Withdomは2016年9月に開校しました。

1年後の2017年8月に生徒70名。

 

今回から、独自ブランドの塾を開校して1年で入塾数を70名にした方法を小出しにしてお伝えしたいと思います。

自慢したいわけではありません。少しでも集客に悩んでいる塾さんのためになればと思ってます。

 

記念すべき第一弾は、みんな気になるWeb集客初級編です。

 

Web集客初級編

Web集客はとてもシンプルです。サイトを立ち上げて、記事を公開して、数値をチェックして、改善するだけですから。

 

まずはブログでもなんでもいいのでサイトを開設しましょう。最初から何十万何百万も払ってホームページを作成してもいいですが、無料のブログサービスでも大丈夫です。

はてなブログやライブドアブログなんかをよく使います。

少しWebの知識がある方であれば、ワードプレスなんかがベタですね。

 

なんでもいいので、とりあえず一つアカウント登録して開設します。

 

開設したら、まずは基本情報のところで塾の紹介をします。

どこにあって、どんな子を対象にしていて、どういうサービスを提供して、入塾すると何が起こるのか。

 

そして問い合わせフォームや電話番号を載せて、問い合わせへの経路を確保しましょう。

 

あとはブログをひたすら更新するのみです。

 

ブログの内容は、ひたすらターゲットにしている人たちがなんて調べるのかを想像するのです。

 

例えばうちの場合、武蔵小杉というエリアで高校生向けの塾をやっていますので

「武蔵小杉 塾 高校生」とかですね。

 

このキーワードを念頭に置いて記事を書きます。

 

「武蔵小杉 塾 高校生」と調べるユーザーはどういう情報を欲しがっているのだろうか?

 

どんな人が調べているかというと、おそらく

「武蔵小杉で塾を探している高校生」ですね。

 

そんなユーザーが欲しい情報は、おそらく

「武蔵小杉の高校生対象の塾の情報」ですね。

 

じゃあ、この内容で記事を書けばいいのです。

 

そんな感じで、とりあえず1日30記事くらい書きましょう。そしたら1週間で200記事です。

 

最も重要なのは継続すること

みなさんに「どうやってWebで集客するの?」ってよく聞いていただくので、包み隠さず全てをお伝えしてるんですけど、ほぼやらないんですよね。

 

「こうやってこうやってこうやってやれば問い合わせ来るって言ってるのにやらないんですよ?

まじ意味わからなくないですか。

 

大切なのは、まず行動して継続することです。

 

実際、Web集客の手伝いを依頼していただいて(有償)やってる塾さんは、問い合わせきてますからね。やれば来るんですよ。

 

だからやりましょう。

 

初回はこんな感じです。内容薄くてすみません。でもまずやるべきことは書いておきましたので。

ブログを開設しましょう!

 

 

Twitterでもたまに集客のこととかつぶやいているのでもしよかったらフォローお願いします!

https://twitter.com/koki_arai41

新井 光樹
新井 光樹
“当たり前を当たり前以上に” 14歳で転売ビジネスを行い1ヶ月で10万円の利益を得る。21歳のときtyotto Inc.を創業。教育で世界をちょっと良くします。