伊藤 哲志

1/4ページ
  • 2019.02.21

tyotto meのメッセージ機能を使って生徒との個別連絡を始める!

tyotto meの管理画面にログインする Google Chromeで https://tyotto.me にアクセスしてログインします。 こちらのURLをブックマークに追加しておくと、スムーズに管理画面にアクセスできるのでおすすめです。 Google Chromeには「固定タブ」という機能もあり、tyotto meの管理画面を開いたタブを右クリックして「タブを固定」を押すとブラウザを開いたタイ […]

  • 2019.02.19

オンラインでのコミュニケーションを活用した学習塾運営とは?!

塾生への情報発信はどのような媒体で行なっていますか? tyotto塾(旧Withdom)では、いくつかの方法で生徒への情報発信を行なっています。 教室にあるホワイトボードに手書きで記入 自社開発の学習支援アプリtyotto meのメッセージ機能で生徒全体のグループへ投稿 Facebookグループのtyotto塾オンラインコミュニティへ投稿 塾用に作った教室長・講師SNSアカウントで発信 今の中高生 […]

  • 2019.02.12

tyotto meを活用して塾内の情報共有の効率化する方法!

センター試験も終わり、二次試験の期間に入りました。 Withdom開校当初に入塾した高校1年生がついに受験を終えて卒塾していったと聞き、嬉しいような寂しいようなそんな気持ちを感じています。 さて、塾に常駐しなくなって以前ほど生徒と関わることがなくなった僕ですが、それでも最近生徒たちから相談を受ける機会が何回かありました。 ・慶應の情報科目の質問をしたい ・東工大のAOの面接対策をしてほしい ・プロ […]

  • 2019.01.01

日々の課題からチームとしての目標を見つけ出す

あけましておめでとうございます。 大学入試が変わる2020年が徐々に近づいてきました。センター試験に代わる新入試「大学入学共通テスト」が実施されるのが2021年の1月ですので、ちょうどあと2年となりました。 新しい入試をまず受けるのは今高校1年生の世代です。学習塾や学校にとって2年という時間はそれほど長くありません。受験生を指導して送り出したらあっという間に1年経過してしまうので、2年間では受験生 […]

  • 2018.12.31

tyotto流・年末の学習塾運営リフレクション【塾長編】

昨日に引き続き、年末のリフレクション項目のご紹介です。昨日はtyotto流の教室長の年末リフレクションの内容をご紹介しました。 tyotto流・年末の学習塾運営リフレクション【教室長編】 今回はそんな教室長をまとめる塾長目線でのリフレクション項目をご紹介します。 現場の状況の把握 学習塾に関わる基本的な数字は把握できているか? 学習塾運営を行う上で気にしたい数字はたくさんあります。基本的な部分だと […]

  • 2018.12.30

tyotto流・年末の学習塾運営リフレクション【教室長編】

いよいよ今年も残すところあと2日となりました。受験を間近に控えた受験生たちに休みはありません。冬季講習・正月特訓等のイベントを行って最後の追い込みを支援している学習塾も多いかと思います。 さて、そんな国民全体の休み期間でも休まない私たちですが、それでも作業の内容は年末年始っぽいことをします。 今年一年間を振り返ってよかったのか、悪かったのか。なぜそうなったのか。来年はどうしていくのか。要はリフレク […]

  • 2018.12.24

現状維持は衰退。上を目指すことが日常となったその先

クリスマスイブ&天皇誕生日の振替休日はいかがお過ごしでしょうか。学習塾にとっては冬休み前の貴重な休日、鬼気迫る生徒たちが押し寄せていることと思います。 明日はクリスマスですがデータベースの設計手法に関するオンラインセミナーの受講と会社の事業部ミーティングとデザイナーミーティングが入っているtyottoリードエンジニア・イトウがお送りいたします。 同じことを繰り返さないエンジニアリングの現場 […]

  • 2018.12.23

指導報告は生徒からのリフレクションで見る

コミュニケーションのゴールは相手が行動してくれたかどうか この言葉は組織づくりについての著書を複数出しているピョートル・フェリクス・グジバチ氏のものです。 コミュニケーションを取る目的は様々ですが、ビジネスシーンに限ってはその答えは明確で、「伝えることによって相手の行動を変える」ことです。 指示やアドバイスを相手に言っても、相手が実際にその指示やアドバイスに基づいて行動を変えなければ伝えた意味があ […]

  • 2018.12.22

教育ベンチャーtyottoのミーティング内容を一部ご紹介!

塾とtyotto meとPTと。 株式会社tyottoはようやく創業から3年を迎えようとしているスタートアップ企業です。社員数はアルバイトを除いて5名で、まだチームとしてそれほど大きくありません。 「教育で世界をちょっと良くしたい」という理念のもと、 大学受験専門個別指導塾Withdom キャリア教育コンテンツProgressTime 自立学習支援アプリtyotto me という3つのサービスを中 […]

  • 2018.12.21

ITでコミュニケーションが取れる時代に、”教室”を持つ意味を考える

IT技術がどんどん発達して、教育の形も変わりつつあります。 スマートフォンでいつでもどこでも映像授業を受けられる 学習計画をAIが立ててくれる オンラインでマンツーマンの指導を受けられる これらのサービスが、驚くべき低価格で導入できる時代です。 インターネットのおかげで、実際に出向いて顔を合わせないとできないことがどんどん減ってきました。 実際に弊社では、他塾様に提供している自立学習支援アプリty […]

  • 2018.12.20

時代の変化に対応できる学習塾の特徴3選!

息もつかせぬ行動力 弊社では自社で運営する大学受験専門の個別指導塾Withdomで得た知見を元に自立学習支援アプリ「tyotto me(チョット・ミー)」を開発しています。 今年の初めよりぜひ使いたいとのお声をいただいた法人様への提供も開始しました。代表新井の登壇するセミナー等で興味を持っていただいて問い合わせてくださる方、導入教室の方の紹介で問い合わせてくださる方を中心として導入教室が徐々に増え […]

  • 2018.12.19

データで見る高3受験生の生活

12月も後半になり、いよいよ受験本番が近づいてきました。中には既にAO・推薦で本番の受験を迎えた生徒や、合格を勝ち取った生徒もいます。 この時期の高校3年生は過去問を中心に演習を重ねて、知識の細かな漏れを潰していったり、回答の質を保ちつつスピードと上げる訓練を重ねたりしています。 気温もかなり下がってきて、体調管理も怠ることができません。来年度に受験生となる生徒たちも、今年度の受験生たちの追い込み […]

  • 2018.12.17

生徒と直接会話できる時間を大切にする塾運営 by Withdom武蔵小杉校

Withdom武蔵小杉校のご紹介 2016年秋に武蔵小杉に開校した大学受験専門の個別指導塾。指導は基本的に講師が生徒自身の学びを引き出していく「コーチング」中心で行なっている。 ありのままの自分を肯定できる「自己肯定感」 能力は生まれつき決まっているものではなく、努力によって高められると考える「グロースマインドセット」 自分が将来どうなりたいかの「自己理念」 これらの3つを育むことを塾の理念として […]

  • 2018.12.15

イマドキの若手エンジニア/デザイナーの働き方と仕事の選び方に見る今後社会で必要とされる人物像

こんにちは、株式会社tyotto エンジニアのイトウです。おとといの記事はFacebook上でつながりがある教育業界の先生方を中心にちょっとした反響があり、教育とテクノロジーをつなぐ役割の必要性を感じました。 今回は人材不足が指摘されるIT業界の若手の働き方をご紹介して、それをベースとして今後の時代に求められるであろう人物像について私の考えを書かせていただきたいと思います。 IT業界の人材不足が深 […]

  • 2018.12.13

教育ITベンチャー最前線で見た「テクノロジーの発達によって仕事が奪われる瞬間」

「テクノロジーが進化して、今ある仕事がAIやロボットに取って代わられるんだよ!どうする?!」と生徒に問いかけているものの。 野村総合研究所が行なった研究で、「日本の労働者の約49%の仕事が10〜20年以内にAIやロボットの発達により代替できるようになる」という結果が出たことをご存知の方は多いのではないでしょうか。 「人工知能」「AI」をどう定義しているかは置いておいて、それらを取り入れていると宣伝 […]

  • 2018.12.10

SNSを使って行う、価値を提供することで自然と生徒が集まる仕組みづくり

突然ですが、生徒の集客にSNSを使っていますか? 「塾の集客」というと、近隣の学校の前で朝と夕方にビラ配りをしたり、近所の住宅街を回ってポスティングをしたり、Webサイトで記事を書いたり、、、ということが一般的だったと思います。 私たちが運営する大学受験専門の個別指導塾Withdomでも、開校当初は認知してもらうために積極的にビラ配りやポスティングを行なっていました。ノベルティとして蛍光ペンや消し […]

1 4