【tyotto メールマガジン vol.3】初めまして新井です

【tyotto メールマガジン vol.3】初めまして新井です

◆今回のテーマ 

・初めまして新井です
・インタビューを受けました
・高等部立ち上げセミナーに登壇します
・キャリア教育って本当にすごいのに、なんでみんなやらないんだろう

初めまして新井です

今回から新井のコーナーを設けてもらいました。
Twitterで言いたいことを言うと、大人から叩かれるので叩かれるリスクの少ない一方的なメルマガで言いたいことを言います。
言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、、、。
文章は緩く、内容は熱くいきます!

インタビューを受けました

「多様な生き方」を伝えるクリスクぷらすさんから取材を受けました。http://tyotto.co.jp/tyotto-news/527

高等部立ち上げセミナーに登壇します

教室業務効率システム「comiru」を開発している株式会社POPERさん主催の高等部立ち上げセミナーに登壇させていただきます。
「個別指導塾」を日本で初めて作った多田先生や、さくら学習院塾長の内山先生と一緒に。
新井の話は、業界の中では少しぶっ飛んでて、理解していただけるかは不安なんですが、やるからにはみなさまのためになるような話ができればと思っておりますのでぜひぜひご参加ください!あと5人くらい参加できるのかな?多分。

日程:6/25(月) 1100 – 1330
場所:東京都千代田区神田和泉町1-1-16 KONKOビル7階 Room B
詳細:https://peraichi.com/landing_pages/view/kachigumi-juku

キャリア教育って本当にすごいのに、なんでみんなやらないんだろう

時間を拘束して詰め込ませる勉強って僕は死ぬほど嫌いで、自ら学びたいことを学ぶことが最も重要だと思ってるんです。
だって、その方が勉強する側も楽しいじゃないですか。
先生や親としても「勉強しろ!」とか言わなくて済むんですよ。
キャリア教育で本人が生きる意味を考えてもらうことって本質的な自立に近づくと思っていて、本人が学ぶ意味が分かれば勝手にやるんですよ。
僕らの塾はそういったことを大事にしています。
「あなたはなんのために生きてますか?何を成し遂げたいですか?」メルマガを読んでいるあなた、この質問に答えられますか?
生徒さんはこの質問に答えられますか?
綺麗に答えられなくてもいいんです。
この質問にしっかり向き合えますか?
自分自身の価値観と向き合う「リフレクション」の機会を与えることこそが、僕らの定義するキャリア教育です。
生徒にこれをやらせるのは少し大変でしょう。まずはメルマガを読んでいるあなたが1日10分でもいいのでリフレクションの時間を作ってみてはどうでしょうか。
キャリア教育、本当にすごいんです。

◆今週の記事

アプリやテクノロジーという魔法には「魔法使い」が必要不可欠。

「偏差値」での評価から、「プロセス」での評価への移り変わり

人を成長させる「素直さ」の育て方

生徒のための進路は“生徒のための進路ではない”

教育業界で「学習する組織」を目指す仕組みづくりとは?

メルマガカテゴリの最新記事