【tyotto メールマガジン vol.1】「ProgressTime」ってなんで始めたの?

【tyotto メールマガジン vol.1】「ProgressTime」ってなんで始めたの?

tyotto メールマガジン vol.1

当メルマガでは、
・大学受験専門個別指導塾 “Withdom”・中高生向けキャリア教育コンテンツ “ProgressTime”・自立学習支援アプリ “tyotto me”
を運営する株式会社tyotto(代表:新井光樹)が新しい形の教育実践方法や塾運営に役立つ情報をお届けします。是非、塾や学校といった教育現場でお役立ててください。
本メールは、セミナー等の交流を通じて、弊社と名刺交換させていただいた方に配信しております。配信停止、配信先変更、についてはメール文末をご覧ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

◆お知らせ 

【tyotto meリリース記念キャンペーン実施!!〜先着10法人限定 初期導入費5万円が無料〜】

 生徒の自立学習を促すポートフォリオアプリtyotto meをリリースしました!
 このアプリを使用した弊社の塾の大学受験における第一志望合格率は64%!!!!
 これまで弊社のWithdomで使われてきたアプリのため、塾での実用性は抜群となっています。

主な機能 
・生徒の勉強の計画立て及びその進捗管理機能 
・勉強時間の計測、記録機能 
・勉強
・指導ごとの振り返り機能 
・生徒・スタッフ間でのメッセージ機能 
・来校管理機能 
・進捗確認可能なタイムライン機能 
・(予定)課外活動のポートフォリオ 合格率の上昇、
退塾率の低下はもちろん、業務の圧倒的効率化が可能なアプリとなっています!

例えば、面談時に生徒の情報を集めるのが楽になり、また正確な情報を使うことができます。生徒が勉強をしているのか、宿題はギリギリではなく前もってやっているか、塾になかなか来れない生徒や、塾に来ていない生徒の気になる情報もリアルタイムで一元管理が可能になっています。
tyotto meの詳細・お問い合わせはこちら↓からお願いいたします!http://tyotto.co.jp/tyotto-me-lp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆今回のテーマ 

<「ProgressTime」ってなんで始めたの?>

弊社ではProgressTimeというコンテンツを自塾Withdomで実施したり、塾向けに提供したりしているため多くの方にProgressTimeがどういったものか聞かれるのですが、なかなか説明するのが難しいのです。
そこで、今回はProgressTimeが何なのかを知っていただくために、なぜProgressTimeを始めたのかをお伝えします!

実は、ProgressTimeは大学受験専門個別指導塾 “Withdom”を開校した当初からありました。
Withdomという塾を始めるに当たって、絶対に勉強以外の時間を作りたいという思いがあったのです。
もちろん塾なので、生徒の成績を上げるのが使命です。でも、本当にそれだけで良いのだろうか。
私たちが開校した神奈川県の武蔵小杉は塾で溢れかえっています。
そんな中で、同じように勉強を教えているだけではもちろん差別化を図ることもできないですし、生徒にはもっと『未来を幸せに生きぬく人』になっていって欲しかったのです。
だから、毎週木曜日は勉強以外の時間にしよう!これがProgressTimeの始まりです。しかし、ここからが苦難の始まりでした。
大学受験勉強のノウハウしかなかった私たちにとって、『未来を幸せに生きぬく人』を育てる教育は模索するところからのスタートでした。

次回のメルマガではProgressTimeが出来上がるまでに得た『気づき』をお伝えしていきます!

メルマガカテゴリの最新記事