tyotto me 6月アップデートリリース!目標の登録、活動のポートフォリオ化など

tyotto me 6月アップデートリリース!目標の登録、活動のポートフォリオ化など

tyotto me 6月アップデートでは、これからの社会・これからの入試に向けたeポートフォリオ機能が追加されました。

目標を設定して後からリフレクションを行うことができる目標設定機能が追加されました。さらに、生徒が学んだことを自由に記録する自由投稿機能を使い、学びを蓄積させることができます。

(本アップデートは6月27日(水)よりご利用いただける予定となっております)

目標設定機能

目標を持つことはとても大切なことだと私たちは考えています。

自分の見つけたやりたいこと(=目的)を実現するためには、その過程をしっかりと把握し、達成できたかどうかを判断できるような小目標に落とし込んだ上で日々行動する必要があります。

中高生のうちから目的を持ち、それを達成するための目標を設定し、行動したあとにしっかりとリフレクションを行う習慣を身につける支援をします。

利用方法(目標の登録方法)

(1) タブ中央のプラスボタンをタップします。

(2) 「目標」をタップします。

(3) 画面右上の「作成」ボタンをタップし、案内に沿って目標をと振り返りを行う日を設定します。

  • 振り返りを行う日は明日以降の日付を設定します

利用方法(目標の振り返り方法)

(1) タブ中央のプラスボタンをタップします。

(2) 「目標」をタップします。

(3) 振り返りを行う目標をタップし、案内に沿って振り返りを行います。

自由投稿機能

これからの時代は、どこで学んだか・どこで働いたかが評価されるのではなく、「何をしてきたか」「何を学んできたか」が評価されるでしょう。

受験や就職のために一時的に対策をするのではなく、それまでの人生すべてで積み上げてきたものを持って臨み、希望する学校・職場とマッチするかで判断する、そんな時代が来ます。

tyotto meで日々の学びの中で得た気づきや学びを蓄積し、ポートフォリオを作ります。

そのポートフォリオを生徒自身が見返したり、塾の先生が見てアドバイスをしたりする活動の中で、生徒自身の興味を掘り下げたり、考えを深めたりする活動を促します。

利用方法

(1) タブ中央のプラスボタンをタップします。

(2) 「投稿」をタップします。

(3) 自由に学んだことを書いて保存します。

その他のアップデート

  • タブの項目をよく利用するものに絞り、その他の項目はサイドメニューに移動させました。
  • 目標の管理、計画の作成、投稿の作成、指導の振り返り、ProgressTimeの振り返りをすべてタブ中央のプラスボタンから始められるように整理しました。塾で利用する場合でも、教室長から講師へ、講師から生徒へスムーズな指示を与えることができます。

すぐにお試しいただけます

tyotto meはApp Store/Google Playにて無料公開しています。

利用に必要なアカウントはアプリからすぐに作成することができます。

ぜひ、ダウンロードしてお試しください。

tyotto meカテゴリの最新記事