株式会社わの方針発表会にて、ProgressTimeを実演しました!

株式会社わの方針発表会にて、ProgressTimeを実演しました!

(全社員の方が集まっています…!)

12/1、株式会社わさんの第9期方針発表会に参加してきました。
わさんの運営する個別指導学院Hero’sでは現在ProgressTimeが導入されており、いくつかの校舎で実際に行われています。12月も東京、愛知、京都の各教室でProgressTimeが実施される予定です。

今回は、わの全社員さんの集まる場にお招きいただき、ProgressTimeを実演する枠をいただいたので、その様子を書いていきます。

テーマは「Singularity」

ProgressTimeではすっかりお馴染みとなった、「Singularity」。

まずは、Singularityとは何か簡単に説明しました。

“人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事とされ、テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大 な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほ どに変容してしまう未来予測のこと。”

簡単にまとめると人間よりロボットの方が優秀で、このままいくとロボットに仕事を奪われてしまうということです。

テクノロジーの発達で無くなる職業とは

簡単にシンギュラリティについてインプットしたあとは、「テクノロジーの発達でなくなる職業とは」にというトピックで、各自調べてもらいました。

どの方も、学生時代に戻ったかのようにペンを動かし、スマートフォンを使い調べていました。
さすが、教育に携わる方たちです!

(あれ、1人ピースしてる…?)

ひと通り調べたあとは、各グループで内容をシェアしました。

宇宙飛行士や自衛隊、営業、販売員…など、様々な職業が挙がりました。

中には、政治家がなくなるのではないかと考えた方もおり、その意外性に思わず拍手が出る場面も(笑)

シンギュラリティが現実になる世界で必要とされる人間とは

無くなる職業について調査・シェアしたあとはその内容を踏まえ、

「シンギュラリティが現実になる世界で必要とされる人間とは」というトピックに移りました。

まずは、各自で考えます。

その後のシェアの時間では、

・クリエイティビティのある人間

・芸術家はこれからも残り続ける

・思いやりのある人間

など、各グループで多様な意見が出ました。

自ら意見を言いたいと志願し、これからの社会で必要とされる人間について力説しています!

これから生徒とどう接する?

時代や社会が変われば、必要とされる人間像もそれに伴い変わっていきます。

そんな中で、教育に携わる者としてこれからどう生徒と接していくか、生徒にどうなってほしいのかを最後に考えてもらい、各グループでシェアをしました。

自身の教育観や思いについてシェアしています!

最後は、明日から早速できるアクションを1つ決めてもらいました。

可能性しか秘めていない子どもたちの明るい未来のために、早速行動していきましょう!

ともに良い教育を創る

最後は、改めてProgressTimeの概要をお話しさせていただき、ProgressTimeに対する私たちの想いを伝えました。

予測不可能性に満ちた社会を幸せに生き抜く人材を創造するべく、

Hero’sに通う子どもたち、そしてProgressTimeを受ける1人でも多くの子どもたちにより良い教育を提供します。

まずは、ProgressTimeを「受けた良かった!」と思えるプログラムにするために、わさんとともにProgressTimeを改善し続けより良いものにします。

株式会社わのみなさま、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました!

(多賀さん、心のこもったメッセージをありがとうございます…!)

ともに新しい教育を創りましょう

まだまだ、ProgressTimeは始まったばかりです。

もし、学習塾など教育関係者の方でキャリア教育に対して熱い思いを持っている方や

ProgressTimeにご興味ある方がいましたら、お問い合わせください。

ともに、新しい教育を創りましょう!

ニュースカテゴリの最新記事