伊東塾でProgressTimeを実施しました!

伊東塾でProgressTimeを実施しました!

5/26(土)に伊東塾にてプログレスタイムが実施されました!

少しづつ生徒さんも慣れてきたみたいで、活発に発言する子が増えたみたいです!

前回は『もし自分が学校の先生だったら宿題をどうする?』という正解のない問いについて考えてもらいました!
自分の身の周りにある”当たり前(常識)”を疑え、をコンセプトに宿題について考え意見を出してくれました。

前回の意見を少し紹介していきます。

多くの班では「自主学習」というところに目を向けて話してくれたみたいです!

伊東塾では多くの生徒が自分自身で勉強することの大切さに気づいていてとても意識の高い子の集まりだと感じさせられます。

自主学習のできるような宿題とはどんなものか、自主学習が大事だから宿題はいらないのではないだろうかなどの意見がでたみたいです!

またほとんどのグループでは宿題を出す意見と出さない意見の二つを考えています。

宿題を出すメリットや出さないメリットから、では実際に出す場合はどうするのか、出さない場合はどうするのかについて考えてくれました!

「勉強できる子がでできない子に教えてあげる」

こんな意見も出ていて、確かに生徒同士で教えあって解決していけたらいいですね。

このようにデメリット・メッリトを基に考えていて、とても驚かされました!!

とても力のある生徒が多くいるのだと感じさせられます。

振り返りシートでは

「生徒から見るといらないけど、先生から見るとやってほしい」という意見を聞いた時に意見が変わったという感想や

「宿題を出す側も色々と考えて出しているんだなとわかった」という意見もあり、色々な視点から考えて、対話していくことができたのではないかと思います!

と、
前置きが長くなってしまったのですが
今回はそんな伊東塾の第二回実施のプログレスタイムを紹介したいと思います!

第二回のテーマは「“校則”から考えるルールの意義」ということで、学校ではおなじみの校則について考えてもらいました!

皆さんは校則といわれるとどんなものをイメージしますか?

・染髪は禁止

・スカートはひざ下までないといけない

・ピアスは禁止

など、こんな少し縛られているように感じる校則が思い出されるのではないでしょうか。

では、『ルール=縛られる嫌なもの?』なのでしょうか。

今回は、この『ルール』について、身近な校則を取り上げ考えてもらいました。

生徒には先ほどあげたような、どんな学校の校則や授業規則があるのかを思い出してもらいました!

その後、それをグループで共有します。

次に「世の中にある面白いルール」について調査してもらいました!

実は調べてみると、社会ではそんな縛るようなルールではなく、自由で創造性の富んだルールが多く存在します!

そんなルールについて調べてもらいました!

「コンサート休暇」のような、コンサートなどで半休二日分を使い休むことができる制度や

「サイコロの給」のような基本給×サイコロの目%をプラスアルファとして与える制度

または、遅刻の罰則が全身タイツなど、面白いルールをたくさん調べてくれました!

実はこんなルールがあったんですね!

ちなみにこんなルールも!!

「ドラえもん歴史を変えてはいけない」

どこからこんなルールーを見つけてきたのか、それとも知っていたのか、気になりますね笑

最後のは少し置いといて、実は、世の中にはこんなクリエイティブなルールがたくさんあります!

ということで、今回のメインテーマがこちらになります!

『学校がもっとよくなるクリエイティブな校則とは?』

このテーマでグループワークをしてもらいました!!

ルールは縛るだけじゃないということを知った生徒さんたちはどんな校則を考えてくれたのでしょうか。

また、ルールがあるから自由になれるというような話や、道徳とルールの違いなんかでも話しが盛り上がったとのことです!

前回と比べ少し前向きに発言してくれる生徒が増えたと嬉しい報告もありました!

これからますます良いプログレスタイムが行われていく予感がしますね!

そんな各班の活発なグループワークも終わり、各班の代表者に発表してもらいました!!

いつになっても人前で発表するのは、緊張するものです、、、

こういう機会を通し、人前でしっかりと意見を発していくのはいい経験ではないでしょうか。

実際に出た意見を少し紹介します!!

『掃除を全学年、先生も含めくじ引きで縦割り班でやる』

『宿題を何回か忘れたら黒歴史を放送する』

『月に二、三回くらい自分で好きな時間割を立てられる』

掃除を縦割り班でやるって面白そうです!

先生たちも参加して、毎日違う人たちと一緒に掃除できたら楽しそう!!

次の黒歴史を放送するは面白そうで少し怖いですね汗
こんな制度があったら私は宿題を必ずやってますかね笑

時間割を決めることができたら、学校にいくのが楽しくなりますね!

このように、今回もたくさんの意見がでた今回のプログレスタイムですが

今回はこちら!

『クリエイティブ』

今後の社会では0から1を生み出す力が必要だと言われています。

もし、今後何か考える時などに直面した時はこもクリエイティブな考えを意識してみてもいいのかもしれません。

これからも枠にとらわれず、いろんな角度から物事を考えていって欲しいと思います!

最後に生徒の感想の一つを紹介します!

『みんながルールに対して関心を持つことで、話が盛り上がったりしたので、「みんなで考える」ということがとても大切なんだなと思いました。』

中学一年生でこのように協働性に気づき取り組めているなんて、とても驚かされました!

最後にこちら↓

伊東塾さんのFacebookページです!

今回紹介したプログレスタイムや、独自のアクティブリーディング、ロボット教室などたくさんのことをやられている塾さんです!

ぜひご覧ください!

プログレスタイムカテゴリの最新記事