学習塾を始めるならフランチャイズか独自ブランドどちらがいいの?に答えます

学習塾を始めるならフランチャイズか独自ブランドどちらがいいの?に答えます

「うち、フランチャイズだからやりたいことをやれないんだよね。本部がほんとにだめで。」

だったら今すぐやめちまえ。

こんにちは、新井です。

本日はフランチャイズでの塾運営と、独自ブランドでの塾運営を経験した新井による、

「学習塾を始めるならフランチャイズか独自ブランドどちらがいいの?」にお答えします。

新井の経歴

19歳で大学を中退し、某フランチャイズ学習塾の教室長を務める。

開校後1年で約200名の生徒を集め、その後3教室のエリアマネージャーを務める。

22歳で独自ブランドの学習塾「Withdom」を開校。

フランチャイズ学習塾の良いところ

何をすれば良いのかが明確にわかる

本部が全て過去の経験を教えてくれます。あとはやるだけ状態。

本部の過去の実績を使える(看板が使える)

独自ブランドで始めた実績がない1年目って大変ですよ。
だって誰も合格してないんですもん。
合格実績ってやっぱり強いです。

経験豊富な本部の人が相談に乗ってくれる

何か困ったことがあったらとりあえず本部に連絡すれば答えてくれます。

独自ブランド学習塾の良いところ

やりたいことをやりたい放題できる

何もかもがやりたい放題です。開校時間も使うテキストも広報も採用も。
縛りは何一つありません!

ロイヤリティが発生しない

生徒が入塾すればそれは全て自分のものです。
売上から30%引かれることも遅れて入金されることもありません。

結論!

よほどやりたい教育や思いがない限りフランチャイズにしたほうがいい。

だって楽ですもん。何から何まで準備されてて、ちょっと頑張れば生徒集まるんですよ。

ロイヤリティが20%なのか30%なのかわかりませんけど、まじで払う価値あります。

パンフレットやチラシも発注すればすぐ買えて、どう運営すればいいかも教えてくれて、ブランド価値のある大きい看板を使わせてもらえる。

そりゃロイヤリティ払いますよ。払う価値がありますもん。

※僕は、いらん苦労をしてでもやりたい教育があったので後悔はしてません。でもおすすめはしません。

※フランチャイズを推してますのでフランチャイズの本部はこの記事をシェアしてください。

※そしてフランチャイズの本部は全教室にtyotto meを導入してください。

塾・予備校運営情報カテゴリの最新記事