tyotto活動紹介

1/2ページ
  • 2018.12.17

生徒と直接会話できる時間を大切にする塾運営 by Withdom武蔵小杉校

Withdom武蔵小杉校のご紹介 2016年秋に武蔵小杉に開校した大学受験専門の個別指導塾。指導は基本的に講師が生徒自身の学びを引き出していく「コーチング」中心で行なっている。 ありのままの自分を肯定できる「自己肯定感」 能力は生まれつき決まっているものではなく、努力によって高められると考える「グロースマインドセット」 自分が将来どうなりたいかの「自己理念」 これらの3つを育むことを塾の理念として […]

  • 2018.12.15

イマドキの若手エンジニア/デザイナーの働き方と仕事の選び方に見る今後社会で必要とされる人物像

こんにちは、株式会社tyotto エンジニアのイトウです。おとといの記事はFacebook上でつながりがある教育業界の先生方を中心にちょっとした反響があり、教育とテクノロジーをつなぐ役割の必要性を感じました。 今回は人材不足が指摘されるIT業界の若手の働き方をご紹介して、それをベースとして今後の時代に求められるであろう人物像について私の考えを書かせていただきたいと思います。 IT業界の人材不足が深 […]

  • 2018.12.13

教育ITベンチャー最前線で見た「テクノロジーの発達によって仕事が奪われる瞬間」

「テクノロジーが進化して、今ある仕事がAIやロボットに取って代わられるんだよ!どうする?!」と生徒に問いかけているものの。 野村総合研究所が行なった研究で、「日本の労働者の約49%の仕事が10〜20年以内にAIやロボットの発達により代替できるようになる」という結果が出たことをご存知の方は多いのではないでしょうか。 「人工知能」「AI」をどう定義しているかは置いておいて、それらを取り入れていると宣伝 […]

  • 2018.12.12

成長する人ってやっぱり◯◯を持っている?

最近、成長する人には共通する何かをもっていると改めて感じることが多くあります。 それは大人であっても、子どもであっても変わらないはずですが、その違いとは何でしょうか? 仮に成長を、子どもの成績の伸長であるとします。その場合、教育業界に従事されている方の悩みの一つとして、生徒の成績が伸びないことに一度は頭を悩まされたことはあるのではないでしょうか? 受験する子どもにとっては、12月になると、急に受験 […]

  • 2018.12.10

SNSを使って行う、価値を提供することで自然と生徒が集まる仕組みづくり

突然ですが、生徒の集客にSNSを使っていますか? 「塾の集客」というと、近隣の学校の前で朝と夕方にビラ配りをしたり、近所の住宅街を回ってポスティングをしたり、Webサイトで記事を書いたり、、、ということが一般的だったと思います。 私たちが運営する大学受験専門の個別指導塾Withdomでも、開校当初は認知してもらうために積極的にビラ配りやポスティングを行なっていました。ノベルティとして蛍光ペンや消し […]

  • 2018.10.04

10/18(木)個別進学塾ipsim見学ツアー@兵庫県川西市

【アラパー秋の紅葉見学ツアー】 10/18(木)に兵庫県川西市の個別進学塾ipsim見学ツアーを実施します! 宝塚で学習塾フォレストを運営しつつリアパーという学習塾向けコンサルをやられている安多さんと一緒に。 見学する塾の生徒さんのことを考え、残り3名の定員とさせていただきます。 個別進学塾ipsimの詳細 開校1ヶ月で36名の生徒数に。その後1ヶ月でさらに30名の生徒が入塾。 塾業界をより良くす […]

  • 2018.10.03

学習塾向けWeb集客コンサルティング

学習塾の集客はWEBの時代 新聞購読率の低下による折込チラシの費用対効果悪化 検索エンジンやSNSで「検索する」のが当たり前 各地域で「塾」と検索される回数は月間50〜800回   インターネットが普及し、さらには中高生の80%以上がスマートフォンを所有する今の時代。 そんな時代の変化に伴い、今まで「王道」とされてきた折込チラシやポスティングなどの集客手法は、あまり効果を発揮しなくなって […]

  • 2018.08.27

アプリやテクノロジーという魔法には「魔法使い」が必要不可欠。

「学習管理アプリ」   教育業界のトレンドとしてしばしば名前の挙がるキーワード。   大学入試制度改革やその背景を踏まえ今後の塾運営を考える際、塾関係者のみなさまは学習管理アプリやシステムの導入を一度は検討したことがあるのではないでしょうか。 中には、すでに導入・実践している方も少なくないと思います。   今回は、そんなアプリやシステムを導入している、もしくは今後の導 […]

  • 2018.08.13

【検証】tyotto meを使って1ヶ月間塾運営してみた。

昨日からお盆休み。休み方が分からずこうして記事を書いています。誰か僕のお盆期間のカリキュラムを作成してください。 どうも、小形です。   弊社ではtyotto meという生徒の自立学習を支援するアプリを開発しております。 そして、tyotto meの機能や良いところを紹介するべく毎日記事を更新しています。 弊社の記事をよくご覧になっている方やtyotto meが気になっている方は、 &n […]

  • 2018.08.11

「尊重」が人を成長させる。18歳の子を持つ親の悩みに答える20歳教室長を見て思ったこと

エンジニアのイトウです。もうすぐ自社の塾が2年を迎えます。運営を間近で見てきて感じた「人の成長」と「尊重すること」の関係をまとめてみました。 18歳の子を持つ親の悩みに答える20歳 私たちが運営する高校生専門の個別指導塾は8月末で開校から2年を迎えます。開校にあたり、メンバーの中から教室の代表として日々の運営を主に行う教室長として選ばれたのが現教室長の小形です。当時はまだ大学2年生、20歳でした。 […]

  • 2018.08.09

塾で保護者とアクティブラーニングをしてみようじゃないか。

Withdom責任者の小形です。 前回、『教室運営におけるProgressTimeの効果的過ぎる活用例とは』という記事を公開しました。 この記事の中で、活用例の1つとして「保護者会をProgressTime形式で実施する」という内容があったのですが、思いの外反響がありまして、Facebookでコメントをいただいたりメッセージで「詳細教えて!」と言ってもらえたりと、有難いことに何人かの方に興味を示し […]

  • 2018.08.08

塾でのICT活用の実例10件! テクノロジーは使って当たり前の時代です。

リードエンジニアのイトウです。 台風の影響でここ2日間天気が悪いですね。MacbookとiPadを常に持ち歩いている身としては、雨天はヒヤヒヤします。昨日は連日の猛暑の流れで半袖半ズボンで家を出てしまい、寒さで辛い思いをしました。反省を生かして今日はジーパンをはいて、ユニクロのポケッタブルパーカーを羽織って来ました。体調管理に気をつけていきたいですね! さて、株式会社tyottoでは社員の会議が毎 […]

  • 2018.08.07

カリスマ性が無いからこそ、塾運営に講師を巻き込むことができる

教室長や塾長の方は、「リーダーに必要なもの」と聞くと何を思い浮かべますか?   スティーブ・ジョブズのような圧倒的なカリスマ性 アドルフ・ヒトラーのような独裁力   どうでしょう。 カリスマ性や引っ張る力、トップダウンで物事を推し進める力などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 かくいう僕自身も、「リーダーたる者、上記に挙げたような素質が必要だ」と思い込んでいた1人でし […]

  • 2018.08.04

教室運営におけるProgressTimeの効果的過ぎる活用例とは

弊社では、中高生向けアクティブラーニングコンテンツProgressTimeを他塾様に提供しています。 いつも弊社の記事をご覧の方は、既にご存知かと思います。   そんな生徒向けに作られたProgressTimeですが、実は生徒向けのアクティブラーニング以外にも活用できるのです。   実際に、自塾でProgressTimeをもう導入されている方は、今後の教室運営のために参考にして […]

  • 2018.08.02

「将来のため」に今を犠牲にする必要はない。自分がどうしたいかを考える大切さ

「将来のため」という言葉のもとに日々しんどい思いをしていたり、我慢していたりしませんか。過去を振り返ってみたときに、もっとやりたいことをやっておけばよかったと思ったことはありませんか。 「今」を全力で楽しめていなかった中学・高校時代 自己肯定感が高かった小学生時代 小学生の頃の僕は、良い学校、良い友達に囲まれて毎日楽しく過ごせていました。小学校高学年になってくると、徐々に一人ひとり個性が出てきます […]

  • 2018.07.28

「今までの人生は、偶然なようで必然だった」大学3年で創業したスタートアップエンジニアのキャリア

tyotto meの設計開発からサポートまで全てを担当しているイトウテツシです。 大学3年の夏に今の会社を創業してはや3年が経過しようとしています。感覚としてはあっという間な3年ですが、振り返ってみると長い3年でした。1年前には、いや、数ヶ月前には想像もしていなかった働き方をするという経験をなんどもしてきました。それらは当時は偶然に感じていましたが、今考えると必然のようにも感じられます。 今回は創 […]